2014/01/27

アリペイウォレット、海外O2Oの拡大へ


アリペイ(Alipay)によると、春節(旧正月)連休の旅行ピークシーズンに入るまでに、香港のコンビニ「OK便利店」336店、ドラッグストア「卓悦」とアパレルショップ「ジョルダーノ」90店、ビジネス中心街の商店19店において、アリペイの携帯電話向けの決済サービス「当面付」が利用できることになった。また、台湾の統一阪急百貨台北店においても、アリペイ・ウォレットを使ったバーコード支払いが可能となる。アリペイは春節以降も、韓国など各地域の有名チェーン小売店や百貨店とのタイアップを展開、海外O2O(オンラインtoオフライン)市場への参入を図る。

アリババ・マイクロファイナンスグループ国際事業部の梁明俊総監は、「観光客が上述の店舗で買物をして代金を支払う時、携帯電話のアリペイ・ウォレット『当面付』機能を使ったバーコード支払が可能となる。客が店員に携帯電話を提示し、店員がモバイルバーコードをスキャンするだけで支払いは完了する。決済金額は、その日の外国為替レートで人民元に換算され、アリペイの口座から直接引き落とされる」と語った。

情報源:経済日報、人民網