2014/10/02

韓国を訪れる中国人観光客のカード決済額は2600億円へ

中国本土旅行客による韓国クレジットカードの決済額が急増している。今年上半期の決済額は全外国人旅行客の決済の半分を占めている。韓国が14日発表したデータによると、今年上半期の中国本土旅行客の同カードによる決済額は2兆5500億ウォン(約2600億円)と前年同期比4.7%増加、全体の52.8%を占めた。前年に続き圧倒的な第1位で、2位の日本人観光客と3位の米国人観光客の決済額を足した金額より2倍以上であった。

外国人観光客は韓国で主にショッピングや宿泊、食事においてカード決済をしているほか、医療観光でのカード決済も急増しているという。また、12年まで1位だった日本人観光客による決済額は大幅に減少したとし、中国人観光客が日本人観光客の地位に取って代わったそうである。

情報源:中国網

0 件のコメント:

コメントを投稿