2014/10/01

微信(WeChat)がモバイルペイメントの加盟店拡大へ


WeChat(微信)がAlipay Wallet(支付宝銭包)に似たおサイフケータイ機能を追加し、カードスワイプアイコンをタッチし、モバイル決済のパスワードを入力すると、店頭での購入時に各販売店でスキャンして利用できるQRコード、またはバーコードが表示される。

微信の店頭支払いシステムは、ユーザは生成されたQRコード、バーコードによって店頭での支払いが可能だ。微信はこれまでアリペイに取られた市場シェアを挽回するため、いち早くDairy Queen、国大薬房、天虹百貨店、民生百貨、壹加壹スーパーとロータスマーケット、コンビニの好鄰居と国大365、そして託児所チェーンの愛嬰室などを加盟店リストに追加した。

更に、Sinopec(中国石化)マーケティング部門と提携し、中国全土で展開する石油小売販売店で微信決済が実現できるかもしれない。

情報源:Pingwest、THE WALL STREET JOURNAL