2015/01/09

WeChat系の民間銀行WeBank、いよいよ営業開始



中国初のインターネット民間銀行WeBankはいよいよ深センから船出する。当銀行のスローガンは、「技術、恵衆、接続」で、主に一般消費者のネットショッピングと個人消費者金融サービスにフォーカスする。また、微信(WeChat)のプラットフォームを活用して銀行業務を開拓する予定だそうである。

WeBankの株主構成は、テンセント30%、深センの伝統業界大手2社はそれぞれ20%を占めている。残り30%は7名の個人株主から構成されている。WeBankは、2014年7月に人民銀行に承認され、10月22日に銀行設立を発表した。12月16日に、銀行業務を行うための必要なすべてのライセンスや許可手続きを完了し、営業開始の準備を整えたという。

情報源:深圳晚报

0 件のコメント:

コメントを投稿