2015/09/09

中国の越境ECサイト総ランキング

近年、近い将来に来る少子高齢化のため、国内消費市場が縮小することが懸念されており、小売業、サービス業のような内需を中心に活動してきた日本企業も、広く海外市場に目を向けるようになってきた。特にアジア、中でも中国は、その市場の大きさから、無視できないものとなりつつある。

ただ、海外市場は国内市場とは商習慣も、市場特性も大きく異なるものであり、実際の現地進出には高い壁が存在する。また、米国や中国のように広大な国土を持つ国では、実際の店舗を展開して、全範囲をカバーするには巨額の投資が必要となり、どの企業でも展開できるものではない。

そこで、注目されるのが越境ECである。越境 ECは、地理的な制約を超えることが可能な販売チャネルであり、効果的に活用することによって、店舗展開や、これに伴う巨額の投資を行うことなく、広い市場を自社の対象市場とすることが可能となる。

下記の推計方法、関連図表、その他越境ECの市場実態については2015年クロスボーダーECサイトランキング(精査必要)をご参照下さい。

1、亚马逊中国/アマゾン中国
2、天猫国际/天猫国際
3、易趣网/イーチネット
4、莎莎网/SaSa網
5、洋码头/洋埠頭
6、跨境通/クロスボーダー通
7、麦乐购/麦テスコ
8、55海淘/55海淘
9、蜜芽宝贝/蜜芽の宝物
10、乐天/楽天
11、海淘城/海淘城
12、金箍棒海外购/如意棒海外購入
13、海豚村/イルカ村
14、魅力惠/魅力恵
15、168海淘/168海淘