2015/09/09

大丸松坂屋、WeChatモバイル決済開始へ

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は7日、日本を訪れる中国人向けにスマートフォン(スマホ)を使った決済サービスを始めると発表した。銀聯カードの利用と合わせて決済手段の選択肢を増やし、拡大する訪日需要のさらなる取り込みを目指す。

30日から中国最大級の対話アプリ「微信(WeChat)」の決済サービスを導入する。大丸の心斎橋店(大阪市)、梅田店(同)、京都店(京都市)や、松坂屋の名古屋店(名古屋市)、上野店(東京・台東)など主要8店舗の化粧品売り場を中心に対応する。

利用者は店頭での支払いの際にスマホでバーコードを取得し、店頭の端末にかざすだけで簡単に決済を終えることができる。

百貨店各社は拡大する訪日客需要を背景に好調な業績が続いている。特に2014年10月に免税対象が化粧品や食料品にも拡大したことが大きく影響しており、大丸松坂屋百貨店の15年3~8月の免税品の売上高も前年同期に比べて4.5倍に増えた。決済手段を増やして利便性をアピールすることで、さらに訪日客を囲い込む。

情報源:日経新聞