2016/02/06

中国老舗SNS 「QQ」のスマート決済機能が日本に上陸

テンセントは、新たに日本でSNS「QQ」の決済機能「QQ Wallet (キューキューウォレット、中国語名:QQ銭包)」の店舗決済を開始した。

ドラッグストア「Butler(バトラー) プレナ幕張店」で2月末(予定)より利用を開始する予定。今後は順次加盟店を増やし、「QQ Wallet」を普及させていきます。QQ Walletの中国国外での利用は初めてとなる。

「QQ」は、テンセントが1999年からサービスを開始した中国の老舗SNSで、現在も13億以上のアカウント数を抱える、同じテンセントが提供する「WeChat」とならぶ、中国最大の代表的なSNSである。スマートフォンで決済ができる「QQ Wallet」は、若年層を中心に普及していて、現在は約1.6億のアカウントが利用できる。

QQ Walletは、QQの機能をマーケティング面でも活用できることが特徴である。店舗がQQ上に自社のアカウントを通じて情報発信したり、QQ Walletを使えるお店がQQからプッシュ通知されるなど、日本にきた中国人旅行者の取り込みに役立つ機能を搭載していきる。

情報源:共同通信PRワイヤー