2016/02/06

人気中国のSNSアプリケーションは、独自の道へ

上海の朝、30分ごとに、趙さんがiPhone 5のロックを解除し、中国の大人気ソーシャルメッセージングアプリWeChatを使用して友人と連絡を取っている。「私は毎日多分6時間WeChatをしているけど」と趙氏(24)は述べている。彼女は上海の某化粧品会社のマーケティング担当者だ。「私は何をすべて、WeChatを中心に生活を送っている。」

微信(中国語の発音はウイーシン)はアメリカののWhatsApp、日本のラインと同じく、この国のキラーアプリである。スマートフォンユーザーがメッセージや共有のニュース、写真、ビデオ、およびWebリンクを送信することができ、中毒性の高いソーシャルネットワーキングツールである。米国では、同様のバージョンがWeChatとして知られている。

中国で導入された後、わずか3年でWeChatは約3億人のユーザーを持っている。FacebookやTwitterのいずれかよりも速い普及率で、世界最大のスマートフォンアプリの地位を与えた。これは、すでに同国最大の携帯電話会社のメッセージングサービスの成長を停止し、中国最大のインターネット企業となっていた。

中国市場にWeChatの存在で、今後Facebookの中国再進出の機会も与えなくなるとアナリストは分析している。2009年、中国政府は説明もなく、Facebookのへのアクセスを遮断した。TwitterやYouTubeのは、中国でもブロックされている。それ以来、Facebookはそれはおそらく、現地企業と提携することにより、市場を再進出しようとする可能性があることをほのめかした。 WeChatの成功は、より困難と判断した。

「Facebookは許可を持っていたとしても、それはおそらく遅すぎる」と王氏は述べた。フォレスター・リサーチの技術アナリスト。「WeChatは、FacebookやTwitterのすべての機能を持っており、中国ユーザーはすでにそれに慣れてきた。」

WeChatは、QQインスタントメッセンジャーサービスとその人気のあるオンラインゲームで知られている中国インターネット大手テンセントが開発したものである。テンセントは香港取引所上場で価値は1000億ドル以上だ。テンセントは現在ソーシャルネットワーキングでそのグリップを強化し、オンライン決済や電子商取引などの新たな分野において事業を拡大しようとしている。

中国電子商取引の巨人アリババは、すでに来往と呼ばれる独自新開発のメッセージングアプリで、バック中国で戦うために計画を発表したが、WeChatに対抗できなかった。

一方、テンセントは既に数億人のユーザーを持っており、最近特に東南アジア地域で、WeChatを推進している。同社はまたヨーロッパ、ラテンアメリカにおけるマーケティングの電撃を計画している。

テンセントは、中国企業のグローバルイメージを変えるに役立つ可能性がある。中国のインターネット企業は、まだグーグル、FacebookやTwitter​​の模造品を考えられているが、テンセントは独自のビジネスモデルで動的、自ら変革を求め、革新的なテクノロジー企業になっていると言える。

WeChatを例にすると、一部のFacebook、一部のInstagram、さらに一部のトランシーバー機能を融合したもので、既存サービスの単なるコピーはなく、むしろ時間がかかる可能性がある中国語の文字入力、携帯電話のメッセージを送信するよりも遥かにシンプルで、ユーザーが簡単に音声メッセージの録音ボタンを押すだけで完了。

「中国のインターネット企業が背後にされなくなり」、ベンチャーキャピタルシングテルのマネジングディレクターである前者の技術アナリストは述べている。「今、一部の分野では、彼らが道を切り開いている。」

サービスの破壊力は議論の余地がある。 WeChatはすでに中国の人気マイクロブログサービス新浪微博の成長を阻害し、中国のビッグ国営通信事業者たちが提供するサービスの収益が侵食されている−SMSとして知られている携帯電話のショートメッセージサービスを。

中国移動、同国最大の携帯電話サービスプロバイダでは、ショート・メッセージ・サービスからの収益は、2009年にほぼピークの90億ドルに達した。3年後、それが20%近くダウンしており、近年再び低下した。

技術シフトは、多​​くの場合、反応が遅い企業を潰すことになるとアナリストは分析する。その反面、絶滅の脅威こそ、自分自身の改革を促すことになり、次の素晴らしいステージへの躍進することができる。

過去10年間の信じられないペースで成長しているテンセントはこの成功を覆す可能性が破壊的な技術を恐れて、テンセント幹部は、新しいアイデアを模索するために、同社のソフトウェア開発者およびプロダクトマネージャーを奨励し続けている。

2010年後半、張氏が広州でTencentの研究開発センター長に勤め、PCベースのQQインスタントメッセンジャーを脅かすかもしれないと心配氏、スマートフォン上で動作するメッセージングアプリを開発する10人開発チームを組織した。

3ヵ月後、テンセントはWeChatをリリースした。エレガントで使いやすいインターフェイスでは、メッセージングアプリは年以内に5000万人のユーザーを集めて、2年間で全世界で約3億人のユーザーに達した。

テンセントは無料サービスからお金を稼ぐために大きなチャンスを持っている。仮想アイテムと無料のモバイルゲームを導入することにより、オンラインまたはオフラインで使用することができる決済機能、WeChatは広告と収益性の高いビジネスに発展する可能性がある。投資家は、このような成長を予測して、テンセントの株式は昨年94%を急増している。

中国の消費者は、WeChatに群がっています。職場、地下鉄、レストラン、様々な場所で、おなじみのWeChat受信音を聞くことができる。

情報源:NYTimes