2016/04/13

新生銀行、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」への参入

新生銀行および子会社アプラスは、中国騰訊控股有限公司(Tencent Holdings Ltd.、以下、「Tencent」)が運営する中国最大のSNSサービス「WeChat(微信)」で提供される中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の日本での決済代行サービスに参入することになっている。グループ会社の株式会社アプラス(以下、「アプラス」)が、WeChat Payを展開するTencentグループの財付通支付科技有限公司(Tenpay Payment Technology Co., Ltd.、以下、「Tenpay」)とWeChat Payの日本での決済代行サービスを提供することについて同意した。

新生銀行グループでは、決済事業を第三次中期経営計画の戦略取組分野の一つとして位置づけており、本件はその取り組み強化の第一弾となるものという。決済代行事業やクレジットカード事業を展開するアプラスを事業主体とし、国内のWeChat Pay利用店舗の開拓を進め、利用店舗網の迅速な構築を目指すそうである。

アプラスは、株式会社ネットスターズ(以下、「ネットスターズ」)と日本でのWeChat Payの展開に関して業務提携し、ネットスターズが開発した決済アプリ、決済システムを利用して、平成28年4月末から5月を目処に利用店舗に対するWeChat Payの決済代行サービスの提供を開始する。

情報源:PRTIME