2016/06/06

中国インターネットトレンド報告(2016年KCPBレポート抜粋)

米国の証券アナリストのメアリー・ミーカー氏は、2016年のネット情勢報告を発表した。ミーカー氏が年に1度の同報告を発表するのはこれが21回目だ。それによると、世界のネットユーザー数は30億人を超えており、複数の指標を踏まえると、中国は今やネット市場のリーダーになったという。

同報告によれば、中国のネットユーザー数は6億8800万人に達し、前年比6%増加し、増加率は前年の7%を下回った。08~15年に増加率は鈍化したという。

16年4月には、モバイルネットの分野でユーザー1人の一日あたり平均利用時間が200分になった。ネットユーザーが「BAT」と呼ばれる中国3大ネット大手の騰訊(テンセント)、アリババ(阿里巴巴)、百度(バイドゥ)の商品を利用する時間が総利用時間に占める割合は71%に達し、このうち「微信」(WeChat)が35%、「QQ」が10%だった。

同報告によると、中国ネット発展の有力な成長源は主に広告、ビジネス、観光産業、金融サービス、オンデマンド型サービスで、その発展ぶりは米国より好調だという。

注目すべきは、中国のネット通販企業の小売市場での業績が目を引いたことだ。同報告によれば、15年に中国小売企業の営業収入ベース番付の上位7社のうち、1位はアリババ、2位は京東で、いずれもネット通販企業だった。また中国ネット通販企業の小売市場でのシェア増加率は米国のネット通販企業を上回るという。

ファイナンシャル(〜$60B評価*)はアリババアリペイスケール...中国金融サービスのワンストップショップを構築している。

WeChat決済は加盟店の会員システムもサポートする。

中国のモバイル決済は世界においても非常に高い利用率となっている。

中国31%のWeChatユーザーはWeChat決済を利用して買い物する。

中国ECサイトは社会小売消費額の高いシェアを有し、猛スピードの発展を遂げている。

中国ECサイトはリアルの小売大手(Suning、Gome、Wal-mart)よりも高い消費金額に達成している。アメリカのアマゾンも及ばない。