2016/09/09

ミニストップ、銀聯カード決済に対応

ミニストップは9月から、中国人観光客向け決済サービス「UnionPay(銀聯)カード」の取扱いを開始した。

中国の大型連休「国慶節」を前に、世界最多のカード発行枚数を誇る「UnionPay(銀聯)カード」の決済サービスを開始するもの。

銀聯カードは、2015年末時点で中国国内で約55億枚(デビットカード55億枚、クレジットカード5億枚)発行されている国際ブランドカードで、160以上の国と地域で利用できる。

訪日外国人旅行客は年々増加しており、約7割が中国・台湾・韓国・香港などのアジアから訪れており、2020年には更なる増加が見込まれる。

「クレジットカード」だけではなく、発行枚数の多い「デビットカード」の利用も可能とすることで、お客の需要に対応する。

情報源:流通ニュース

0 件のコメント:

コメントを投稿