2016/10/30

WeChatの海外パートナー体制確立

アリペイの海外拡大戦略に伴い、フィンテックの一種WeChatPay(微信の決済機能)のサービスがアジア、アセアン諸国にも拡大している。WeChatが普及していない地域、中国人観光客がいっぱいの地域で中国人観光客相手にWeChatの加盟店を獲得。

中国国内では50万店を獲得しており、日本は2016年内に5万店獲得を狙っている。銀聯カードの加盟店を追い上げる。各地域でいくつのローカルパートナー(決済事業者)を選別して、加盟店の獲得を攻略する。東南アジア、ニュージーランドやカナダも同様のアプローチである。来年さらに、大型加盟店のサポートに重点を置き、マーケティングプロモーション費用の支援、エンドユーザーへの告知を実施するという。

既存ローカルパートナー(下図抜粋)を倍増する計画を立て、来年グローバルで300の信頼パートナー体制を構築するようだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿