2016/11/16

ビックカメラ、WeChat Payを導入

ビリングシステムと家電量販店大手のビックカメラは、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を、2016年9月28日よりビックカメラ池袋本店他11店舗で導入開始した。

WeChat Payは中国で月間7億以上のアクティブユーザーを誇る SNS「WeChat」(微信)のモバイル決済サービスである。ビリングシステムでは、同決済サービスの提供に併せ利用加盟店を対象とした、訪日旅行者の誘客を目的とするマーケティング、プロモーションサービスの提供を今夏より開始している。

ビックカメラは、2016年2月よりジョルダンおよびVAIRONと「訪日観光客向けビックカメラ WeChat 公式アカウントサービス」を通じて最新の商品やサービス情報、また乗換案内と連動した店舗情報などを提供しており、今回の同社サービスWeChat Payの導入により、中国人旅行客に対して新たな決済サービスを提供することになる。

ビリングシステムは、中国人旅行者の旅行前、旅行中、旅行後における店舗・商品の認知、集客、帰国後のリピーター確保まで一連の購買プロセスを整備し、訪日観光客の購買需要取り込みを実現していきたいとしている。今後は、決済サービスソリューションプロバイダーとして、決済サービスを中核としつつ、これに付帯するプロモーション機能など様々なサービスをご提供していく予定だ。

情報源:PaymentNavi