2016/12/14

セントレア空港、WeChatのシェイク機能を活用開始

中部国際空港(セントレア)は2016年12月15日(木)から2017年3月14日(火)まで、訪日中国人へ充実した情報提供の一環として、旅客ターミナルビル内店舗について期間限定での情報提供を実施します。

このトライアルは、中国系SNSアプリ「WeChat」のシェイク機能を活用し、中国の旅客が好むメニューや商品情報などをクーポンと合わせて提供します。

情報配信場所は、旅客ターミナルビル2階国際線到着コンコース乗継カウンター付近と国際線到着ロビー、旅客ターミナルビル3階国際線出発ロビー、旅客ターミナルビル4階スカイタウンの12店舗です。

配信方法は、中国系SNSアプリ「WeChat」のシェイク機能を活用し、各配信場所に告知掲示物とその周辺に電波を発するビーコンを配置します。「WeChat」を起動し、ビーコンの有効範囲内でシェイク機能をONにした状態でスマートフォンをシェイクするとアイコンが表示されるようになり、情報配信のウェブサイトにアクセスできます。配信内容は、空港内店舗の主な商品やメニュー、店舗情報などです。

情報源:Flyteam

0 件のコメント:

コメントを投稿