2017/01/28

2016年中国決済ビッグニュース(総まとめ)

2月、中国では、AlipayとWeChatが加盟店の囲い込みに走り、QQ Walletも日本に上陸。

3月、Apple Payが中国でリリースした後、Samsung Pay、Huawei Pay、Mi PayなどのAndroid Payも追随する。

4月、日本版アリペイを目指すYahoo WalletとLINE Payが戦う。Alipayが史上最大の5000億円の資金調達に成功した。

5月、中国のフィンテック企業、特に決済会社がキャッシュレス化を加速、世界をリードする。

6月、中国決済マーケットにおいて、銀聯の地位が揺れ、国内一人勝ちは終わる。WeChat Payは、海外代理店とパートナー企業を登録制度に、秩序ある取締りの下に統制される。

7月、Alipayがシンガポールにてアリペイ・プラスプログラムを開始、海外加盟店の獲得を加速させる。日本からも数社出席した。

8月、中国商業銀行12行がネット金融連盟を発足し、相互振込手数料を0へ。人民銀行はバーコード決済とQRコード決済の仕組みを正式に認め、サービス規範案を各事業者に配布し、意見を伺う。一方、海外におけるAlipayとWeChatと銀聯の戦いは続く。

9月、9/6日に実行する銀聯決済の新手数料は、中国の決済業界に大きな影響を及ぼした。銀行および第三方決済事業者の手数料収益は2、3割減少しているようだ。一方、WeChatやAlipayが自社アカウントから銀行に引落す際の手数料を徴収することに決めた(これまでは無料だった)。

10月、国慶節の中国人観光ブームがあり、WeChatとAlipayが海外パートナー戦略を立案し、確実に海外シェアを拡大している。

11月、中国のメガバンクもQRコード決済の脅威を楽観視できなく、自らQRコード決済を打ち出す。アリババの11・11イベントでVR技術を活かしたBuy+ショッピングを公開した。

12月、メガバンクの後塵を拝して、中国銀聯もようやくQRコードの計画とルールを発表した。これからのカード決済はどうなるかを中国国内で熱論している。

1月、中国2017年のペイメントトレンドを大胆予測、海外でどんどん広がるか、Alipayモデルを海外に輸出できるか。一方、WeChatは独自のOSである「ミニプログラム」をリリース、リアル決済やO2Oに新たな機会を与えるかもしれない。

情報源:ChinesePayment編集

0 件のコメント:

コメントを投稿