2017/01/27

Alipay、ブロックチェーンで海外市場挑戦

アリババの金融子会社、アント・ファイナンシャルのエリック・ジンCEOは、Alipayへのブロックチェーン導入などで本格的な国際進出を果たし、今後10年以内に顧客数20億人達成の野望をいだいていることを、米CNBCの取材で明かした。

中国の決済市場におけるオンラインシェアは50%、モバイルシェアは80%と圧倒的な独占力を誇るAlipayが、国際FinTech市場に旋風を巻き起こしそうだ。

Alipayがさらに大規模な国際市場を視野にいれている。ジンCEOはブロックチェーンやAI(人工知能)技術に期待されているコスト削減や安全性および効率性向上といった利点を挙げ、Alipayへの採用を検討していると認めた。アントはAlipay以外にも様々な金融サービスを提供しており、今後マイクロファイナンスを含むこれらのサービスにもこうした最新技術が取りいれる可能性が考えられる。

アリババのブロックチェーン・プロジェクトの第一段として、アントは昨年8月、すでに自社の慈善寄付サービス「Ant Love」にブロックチェーンを採用している。募金を分散型台帳に記録することで、募金の取引経路や用途を募金者とオンライン共有するという試みだ。これにより募金の流れの透明性を高めること可能になった。

アントのブロックチェーン導入が本国は勿論、世界決済市場におよぼす影響は、予想をはるかに上回るものとなるだろう。

情報源:CNBC、FinTech online