2017/01/25

テンセント、中国のモバイルアプリの使用を支配

騰訊(Tencent)のWeChatは、2016年には最も人気の高い中国のモバイルアプリであり、世界最大のインターネットとスマートフォン市場で着実に成長している。

WeChatは、ソーシャルメディアサービスを頻繁に利用しているオンライン人口の約80%が頻繁に利用している。2016年に、中国で最も頻繁に使用されていたアプリであり、中国インターネットネットワーク情報センター(CNNIC)は年次報告書でわかった。

TencentのQQは2位を獲得し、Alibabaのオンラインバザー淘宝網(Taobao)は3位となった。 BaiduのモバイルアプリとAlibabaの金融会社Ant Financialが運営する決済サービスAlipayがトップ5を切り上げた。

このランキングは、中国のインターネット産業を支配するBaidu、Alibaba、Tencent(中国では「BAT」と呼ぶ)がどのように勝利をもたらしたかを表現している。アメリカも同様だ、Google、Twitter、Facebookがユーザーたちを囲い込んでいる。さらに中国のインターネットユーザーは約6%増で、7億1300万人(米国人口の約2倍)。

モバイル機器を通じてインターネットにアクセスした人の数は、昨年より12%以上増で6億9500万人に急増した。クアルコム社からアップル社までのスマートフォン業界の主要な収入源は中国となっている。同社は今や中国最大の海外市場であると考えている。しかし、Oppo、Vivo、Huaweiなどの地元選手が再び支配権を奪還している。

情報源:ブルームバーグテクノロジー、ChinesePayment翻訳編集

0 件のコメント:

コメントを投稿