2017/02/08

アリババ、オーストラリア、ニュージーランド本社を開設

先日、アリババ(Alibaba)がオーストラリアとニュージーランドの本社をオーストラリアのメルボルンに開設した。

アリババ創設者馬氏は、「現地事務所とエキスパートチームにより、世界的に有名な製品をオーストラリアとニュージーランドの企業が世界中の数十億の顧客と共有するのを支援する」と述べた。 Alibaba Groupは、あらゆる場所でのビジネスを容易にするためにここにありまする

馬氏によると、TmallとTmall Globalには1,300以上のオーストラリアと400のニュージーランドブランドがあり、その多くはこれらのプラットフォームを通じて初めて中国に入ったという。2016年のダブル11グローバルショッピング祭りでは、オーストラリアは売り上げが4番目に高い国となった。

今回のオーストラリアとニュージーランド(ANZ)本部の設立は、オーストラリア企業が中国および世界の他の地域で成功するために必要な支援と情報を確保するための鍵となる。長期的には、地元企業のグローバル展開を可能にするために必要なインフラを構築することも考える。

アリババクラウド(Aliyun)は、2016年後半にANZのサービスを開始し、データセンターを開設し、オーストラリアとニュージーランドにまたがる1,000以上の店舗にAlipayが使えるようになる。

これから、クラウド、ペイメント、デジタルエンターテイメント、ロジスティクスの分野でさらなる成長を計画しているそうだ。

情報源:Xinhua、ChinesePayment翻訳編集

0 件のコメント:

コメントを投稿