2017/02/03

WeChat PayとAlipayのQRコード決済の現状考察

WeChatとAlipayはそれぞれ決済機能を持っているが、APPの一つのファンクションにしか過ぎない。彼らは最終的に決済によって自分の数億のユーザーに加盟店を統合させることを目指している。

人々の間にソーシャルネットワークがあるとしたら、決済は人と企業を結ぶ鍵だと考える。商品の購買、サービス利用、送金、振込、投資、寄付などは、全て決済が必要で、WeChatとAlipayの主戦場となるだろう。

これまで優れたプロダクトはユーザーを引き付けることができる。しかし、現今、いくら良いアプリを作っても、すぐさま同様な製品が生まれる。誰もが同じ技術力を持ち、違いなしにデザイン力を持っているからだ。且つ、BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)はユーザーをよくケアしており、非常に優れた製品を作っている。もはやプロダクトそのものは重要でなくなった。
  • 「Mi chat」、「Laiwang」、「Yixin」といったSNSアプリは最初のWeChatより優れているが、ユーザーのボリュームはWeChatに負けた
  • 「Paipai」、「EBAY」はTaobaoより劣っていないが、リリース後の運用で負けた。Alibabaは徐々に成熟な運用方法を育てる10年間過ごした
最近、銀聯は2次元コード決済基準を発表したが、正直なところ、少し手遅れだ。業界標準を持って本当に彼らに追いつくのか?私はそう思わない。インターネット時代は、プロダクトの競争からアテンションの競争に移っている。WeChatとAlipayのオンライン決済とQRコード決済の各利用シーンをみると、確実にオンラインからオフラインへ拡大している。

WeChat PayとAlipayは、現金取引とクレジットカード取引の代替品QRコード決済を打ち出し、市場は巨大であり、現在のシェアがまだ小さく、成長の余地も大きい。

WeChat Pay / Alipayには十分なユーザー数があるAlipayアクティブユーザー4億人、WeChatアクティブユーザー8億人、そのうち4億人以上のクレジットカード登録ユーザー、67.2%のユーザーが1日に10回以上WeChatを開き、60%のマイクロトラフィックユーザーが全体の41%を占めている。 WeChat / Alipayの主要ユーザーグループは年齢の18-35歳、若者層全体の86.2%。

WeChat Pay / Alipayにはより多くのオフラインシーンがある現在、AlipayかWeChatかにかかわらず、モバイル決済の価値は浸透し、ブランド、ビジネスの下でラインに精力的にアクセスしており、使用範囲を激しく拡大している。私たちは以前、携帯電話、銀行カード、現金、鍵だが、今日外出する際に、携帯電話を持つだけで十分である。
  • 彼らの支払コード、スイープコードの支払いを生産する限り、服を買うためにショッピングモールに行く、チェックアウトを購入する。 (ショッピング)
  • 彼らの支払いコード、QRコードの支払いの生産限り、買い物をするためにスーパーマーケットに行く、チェックアウトを購入する。 (ライフサービス)
  • 住宅不動産、水と電気、QRコードの支払い、(住宅)
  • ホテルには、アラカルト、WeChat二次元コード、スイープコードの支払いメニューがあります。 (フード)
  • タクシーを運転し、車を降ろし、支払うコードをスキャンする。 (旅行)
これまでの2014年以降、ライン決済のプロモーションを行うWeChat / Alipayは、すでに第2層と第3層の都市を中心に成熟している。

WeChat Pay / Alipayはスーパーアプリとなり、必然決済を投入スーパーアプリはアプリが常に開かれることを意味し、より多くの利点を促進する。送金、割り勘、タクシー配車、消費買い物。アプリケーションシナリオと組み合わせると、WeChat / Alipayは携帯電話の支払い習慣をうまく。

WeChat PayとAlipayはともに、データクレジット(ソーシャルデータ、行動データおよびクレジットシステムのセット)に基づいて革新的な金融商品を確立しており、両社はそれぞれの分野で開花している。

情報源:Saomaba、ChinesePayment

0 件のコメント:

コメントを投稿