2017/02/15

ビル・ゲイツ氏がWeChat公式アカウントを開設

「私のWeChat公式アカウントへ、ようこそ」
先日、アメリカの億万長者であるビル・ゲイツ氏、WeChat公式アカウントを開設し、初めて中国の人たちに挨拶した。「私が会う人、私が読んでいる本、そして私が学んでいるものを共有します」を彼はと述べた。

2月11日に公開された30秒間の挨拶ビデオは、既に10万回以上視聴されており、1万以上のいいねを集めたそうだ。

ゲイツ氏に近い筋によると、元マイクロソフト創業者のチームがWeChat公式アカウントを運営している。彼は、アカウントを通じてグローバルヘルス、エネルギー革新、教育改革などのコンテンツをシェアする予定。

世界で最も豊かな男は中国でも長い間のアイドルであった。彼の逸話や引用は、実際のものと偽物を区別するにはあまりにも多く、過去20年間に中国の読者を魅力していた。彼の伝説的な人生は何百万の中国人ファンを獲得した。中国でソーシャルメディアアカウントを開設することは、ビジネス界の巨匠が国のコンテンツ市場を重視していることを示している。

ゲイツ会長は、清華大学で講演をしている間に、フェースブック創設者マーク・ザッカーバーグの流暢な中国語に非常に感銘を受け、彼はそれを学ぶことに大きな関心を示したという話があった。中国は、北京に事務所を持つビル&メリンダゲイツ財団にとって最も関心する分野の一つだ。

ゲイツ氏は、中国のツイッターに相当する新浪微博(Sina Weibo)を選んだ元英国首相のデビッドキャメロン、インド首相ナレンドラ・モデイ、理論物理学者のスティーブン・ホーキングといった他の大物の人たちとは違って、WeChat公式アカウントを選んだ。

Weiboと比較して、WeChat公式アカウントは、特定なコンテンツを提供することにより、最も価値の高いユーザーを引きつけることができる。ゲイツ氏自身がコンテンツ制作プロセスを担当しているため、公式アカウントは彼の個人的なイメージを維持し、中国のコンテンツ市場で積極的な役割を果たすことが期待されている。

情報源:ChinaDaily、ChinesePayment翻訳編集