2017/03/28

Alipay、香港スタンダードチャータードと提携

アリペイ(Alipay)は、スタンダードチャータード銀行との提携を発表した。同社はフットプリントを拡大し、香港へのモバイルペイメント普及の浸透を目指す。

Alipayは、昨年香港通貨当局からの電子決済ライセンスを取得し、すでに10月に現地通貨建ての口座を開設し始めた。今度、スタンダードチャータード銀行と提携して、香港の住民がオンラインバンキングやモバイルバンキングを通じて香港ドルでの口座をより簡単にすることを可能にする。香港銀行のマーチャントネットワークを通じてAlipay決済を容易にし、銀行はAlipayユーザーにアカウントの資金調達方法を提供する。

スタンダードチャータードは、Alipayに多大な店舗数にもたらす可能性がある。 Alipayとの契約は、スタンダードチャータードが中国人観光客をターゲットにすることができる。特に香港ドル口座を既存の元建て口座にリンクできないもしくは新しい口座に資金を移すこともできないAlipayユーザー。

スタンダードチャータード香港のリテールバンキング部門責任者であるビッキーコング氏は、次のように述べている。「4.5億人のアクティブユーザーを抱える世界最大のオンラインおよびオフライン決済プラットフォームであるAlipayとの提携により、新しいクライアント、特にアクティブなオンラインユーザーにアプローチするのに役立つ。」

【関連記事】