2017/04/12

中国決済の週間ニュース

AlibabaのSME(中小企業)ビジネススクールは、「中小企業の現状と発展戦略」という報告書を発表しました。この報告書は、中小企業、特に小規模起業家と小企業​​の発展見通しを分析したものだ。報告書によると、起業家は、機械、ハードウェア、ホームテキスタイルと家庭用建材、生活必需品、レディースウェア、梱包資材、マタニティーの6つの分野で自らの事業を開始することを好む。

報告書によると、中小企業の54%が未来について楽観的だと答えたのに対し、34%と12%は不透明か悲観的であり、46%は将来に自信がなかった。中小企業は、技術革新とビジネスモデルの革新を通じ、現在の製品やサービスを改善し、ビジネスを変革することに焦点を当てるべきだと提案した。また、オンラインとオフラインのチャネルの統合は、ビジネスモデルの革新に不可欠であると強調した。

  1. PwC中国、農村部の電子商取引、クロスボーダー電子商取引、ソーシャルな電子商取引は、電子商取引の新たな成長点
  2. iResearch、第三者モバイル決済市場は、4Q16で18.5兆元に達する
  3. WeChatのミニプログラムは、位置情報サービスを新機能として追加すると発表した
  4. Suningの収入は、FY16までに1,488億元に9.62%増
  5. JD.comはマーチャント向けの独自のビッグデータ分析ツールを新発売
  6. Ant FinancialのVR PayサービスはXiaomiとHuaweiのプラットフォームで利用可能
  7. Alibabaガバナンスレポート、Alibabaは、2016年に30億元のオフライン模倣品の押収をサポートする
3について
WeChatは、WeChatミニプログラムの2つの新機能を発表した。サードパーティの開発者向けプラットフォームとユーザーのロケーションベースでミニプログラムを検索する機能である。
サードパーティの開発者用プラットフォームは、サードパーティのミニプログラム開発者が独自のプログラムを開発するためのリソースを持たない企業にサービスを提供することを可能にする。
ロケーションベースの検索機能により、ユーザーは近くにWeChatミニプログラムを配置できるため、ユーザーに便利な機能を提供し、潜在的なユーザーに簡単にアクセスできるようになり、さらにシナリオベースのミニプログラムサービス4を作成できる。

0 件のコメント:

コメントを投稿