2017/04/24

北京交通カードでモバイル決済が可能に

北京市内の交通網で利用できる交通カード・北京市政交通カードはこのほど、北京銀聯、広発銀行と提携してスマートブレスレットを打ち出した。ここに交通移動、銀聯のモバイル決済機能・雲閃付、運動量や睡眠時間の計測などの機能を集約させ、モバイル決済をめぐる戦いの後半戦に乗り出した。

市場調査会社IDCの研究報告によると、2017年に中国でのウェアラブル機器の出荷量は5千万台、生産額は260億元(約4110億円)に達することが予想される。身分の証明がウェアラブル機器の重要な機能になるとみられる。ウェアラブル機器は携帯しやすく、各種データを間断なく採取することから、今後はスマートホーム、消費、企業のモノのインターネット(IoT)において個人を確定するための重要な端末になる可能性があるという。

こうした動きに照準を合わせ、複数の機関が共同で打ち出した今回のスマートブレスは「モバイル空間でのカード発行」技術を初めて実現している。広発銀行にクレジットカード用口座があればすぐにスマートブレスと情報が共有され、ブレスによるリアルタイム決済機能が使える。ブレスをなくした場合、アプリケーションを利用して端末を解除すれば、決済機能は無効になり、ブレスをなくしてクレジットカードをスキミングされるリスクが回避できる。またブレスの一日あたり決済限度額を設定して、決済のセキュリティを最大限保障することもできる。

情報源:北京日報