2017/04/30

中国のモバイル決済成功の鍵

ファイナンシャルタイムズ紙の最近の報道によると、中国のモバイル決済は、2016年に米国の約50倍に達した。多くの人々が中国の「後発者優位性」に驚いているが、成功の最も重要な要因はモバイル決済の規制緩和と多様性だ。

中国のモバイル決済市場で最大のプレーヤーはAlipayとWeChat Payだ。 AlipayはAlibabaとTaobaoで取引を決済するために初めて使用され、WeChatは中国で最も人気のあるソーシャルネットワークソーシャルメディアアプリケーションであり、モバイルインターネットショッピングのための大きなプラットフォームである。これらは、何億人ものユーザーがお互いに出会うプラットフォームであり、小規模ビジネスオーナーが顧客を探して顧客に到達する大きなチャンスをもたらす。

注目すべきは、WeChatのECまたはWeishang(公式アカウント内のEC)は、店舗所有者が自社のソーシャルネットワークの友人に「モーメント」フィードで自社製品に関する情報を共有するという点で、特別なタイプのインターネットビジネスとなる。一部のユーザーは商業用の掲示によって砲撃されることについて不平を言うが、「モーメントマーケティング」は小規模のオーナーがこれらのメッセージを介して最初の顧客を獲得する機会と、友人による繰り返しの投稿を提供する。

WeChatのビジネスオーナーは何も保守する必要がなく、在庫やメンテナンス費用を大幅に節約できる。他のインターネットショッピングプラットフォームとは異なり、ページやランキングを確保するために在庫と販売数量を維持する必要がある。この場合、WeChatは、個々のソーシャルネットワークを商用ネットワークに変える可能性を提供し、ビジネスを進める上での参入障壁を低下させる。当然、WeChat事業のオーナーと顧客は、内部決済システムの需要を生み出している。 AlipayとWeChat Payはどちらも第三者による決済プラットフォームであり、あらゆる種類の店舗やすべてのモバイルデバイスで使用できる。

米国のモバイル決済市場は、主にアップル、サムスン、グーグルのような大規模なハードウェア生産者によって支配されている。iOSとAndroidの互換性がないため、両方のタイプの携帯電話に対応できる支払いプラットフォームを開発することが難しくなる。FacebookやTwitterなどの大規模なソーシャルネットワークやソーシャルメディア企業は、主に広告に注力し、まだ決済業界に参入していない。FacebookはWeChatビジネスと同様に多くのビジネスチャンスを生み出すことができるが、社内決済システムがないため、取引を現金やクレジットカードの支払いに制限している。PayPalは、AmazonやeBayなどのさまざまなインターネットショップをサポートするオープンプラットフォームだが、これらのプラットフォーム上で支配的な支払い方法としてクレジットカードを置き換えることはできなかった。

リアルな小売業者の場合、AlipayとWeChat Payの大きな利点は、買い手がQRコードをスキャンするだけで済み、シンプルで特殊なデバイスをインストールすることなく実装できることだ。スマートフォン会社や銀行によって開発された他のモバイル決済システムと比較して、これは買い物客、特に中小企業の所有者にとって多くのコストとトラブルを軽減する。確かに、中国のモバイル決済市場の急速な成長は、クレジットカード市場の発展が遅いことに一部起因する。 AlipayとWeChat Payの第三者プラットフォームの性質は、顧客が支払いを即座に完了できることを意味し、クレジットカードによる支払い不履行のリスクから解放する。

最後に、AlipayとWeChat Payは買い物に使用されるだけでなく、ラッキーマネー、個人間送金や投資信託の投資にも使用できる。これらは、米国の追随者はまだできていない。いくつかの規制、特に投資のためのモバイル決済の使用が必要かもしれないが、これは中国のモバイル決済システムのオープン性と包括性のもう一つの例であり、その成功と人気は何億人もの人々のニーズを満たすものである。

情報源:環球時報

0 件のコメント:

コメントを投稿