2017/07/18

中国人観光客の消費額が減少、原因はネット通販の発達

調査によると、中国人観光客の世界の百貨店・商店における消費額が今も減少中だ。中国人観光客の2016年における平均消費額は、前年比17%減となった。

コンサルティング会社のオリバー・ワイマンが、中国人観光客2000人を対象にアンケート調査を行った。その結果によると、中国人観光客の2016年の平均消費額は、前年比17%減の6705元(1元は約16.7円)だった。しかし宿泊費と旅行費用が増加し、旅行費用は3.5%増。中国人観光客がショッピングでお金を使わなくなったのは、ネット通販が発達し、アリババや京東商城で多くの商品を購入できるようになったからだ。しかも手軽に注文できて即日には発送されるからだ。

中国人観光客の消費が減少し、日本や米国などの小売業者が影響を受けている。日本の免税店・ラオックスの売上は2016年に33%減少し、米百貨店・メイシーズの店舗数も減少している。オリバー・ワイマンの関係者は、「世界の企業は戦略を調整し、観光客の消費を刺激する必要がある」と述べた。

情報源:韓国聯合ニュース

0 件のコメント:

コメントを投稿