2017/09/12

中国のフィンテック企業、欧州で初の認証取得も

中国では近年、ITと金融サービスを融合させたフィンテックが急激に発展している。今や中国人は現金を持ち歩かなくても、スマートフォンさえ持っていれば、預金や振り込み、決済、投資、保険など、あらゆる金融サービスを享受することが可能となっており、中国社会はキャッシュレス化に邁進している状況だ。

日本でも、大手コンビニやドラッグストアなどで、モバイル決済のアリペイが利用可能になっているように、中国国内で金融サービスを提供するフィンテック企業が国外進出を加速させている。

中国メディアの新浪の7日付報道によれば、中国のフィンテック企業で、越境ペイメントを手がける「PingPong」はこのほど、中国企業として初めて欧州における決済サービス機関(payment institution)の認証を取得した。中国経済が世界への影響力を拡大するなか、越境ペイメントを通じて迅速な送金が可能となると期待されている。

日本銀行金融研究所によると、欧州の決済サービス機関は「決済サービス業者による利用者への情報提供義務のほか、決済サービス業者と利用者との間の多岐にわたる権利義務関係について各種のリテール決済サービスを横断的に規律する包括的な決済法制」だ。中国のPingPongが同認証を取得したということは、中国のフィンテック企業がコンプライアンス面でも評価され、各種規制に対応できる態勢が整っていることを意味する。

ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の関係者によれば、PingPong以外にも中国のフィンテック企業が欧州進出と決済サービス機関の認証取得に関心を示しており、同関係者も「中国の経験豊富なフィンテック企業が欧州に進出することで、モバイル決済など欧州市場におけるフィテック関連サービスが発展することになる」と期待を示している。中国のフィンテック産業の欧州ひいては世界における存在感は今後高まってくる可能性は高い。

0 件のコメント:

コメントを投稿