2017/10/17

Airbnbや小猪も「芝麻信用」に対応、保証金不要も

「芝麻信用」とは、日本よりも先行して電子マネーが急速に浸透する中国で、猛威を振る信用評価スコアのこと。「芝麻信用」は電子マネーのAlipay(アリペイ)を運営するアリババの金融事業子会社である蚂蟻金服(Antgroup)がスタートしたサービスだ。

ビッグデータを使い個人の信用力をスコアで可視化し、評価スコアが高い人には、ローンの金利優遇やレンタルサービスの保証金不要、ホテルのデポジット不要など様々な社会生活サービスでメリットを受けられることから利用者が急増している。

民泊仲介サイトのAirbnb(エアービーアンドビー)は、FacebookやGoogleなどのアカウントをAirbnbに接続するように、ご自身の芝麻信用をAirbnbに接続することでAirbnbコミュニティ内の信用度を高めることができるようになる。

また、「芝麻信用」は、複数のホテル、民宿プラットフォーム(「飛猪旅行」、「小猪短租」等)と協力し、信用評価の高い顧客(600点以上)向け保証金不要、行列待ち不要のサービスを提供。便利で効率の良いプロセスにより、ゲストのチェックイン所要時間を従来の3分から45秒に短縮し、チェックアウト時間を従来の2分から18秒に短縮したという。

日本ではほとんど認知されていないが、中国では急速に普及してきており「芝麻信用」以外にも、騰訊(Tencent)の「騰訊征信」など、信用スコアサービスを提供する会社は数社ある。

隣国中国ではアリババでの購入履歴に加えて個人の学歴・職歴、公共料金、税金納付、マイカーや住宅の資産状況などのあらゆる個人情報が一元管理され、ローンや引っ越し、ホテルや民泊への宿泊、レンタカー利用など様々な事前審査において利用される。

中国で急速に普及を始めた個人を信用スコアによって一元管理する「芝麻信用」は中国だけの特殊性によるものなのか、日本でも普及する可能性があるのか、信用スコアを取り巻く今後の動向から目が離せない。

情報源:Airstair