2017/10/15

Alipayの信用スコアで敷金なしでマンション賃貸へ

近日、アリペイは、北京、上海、深セン、杭州、南京、成都、西安のマンションを賃貸するための新しいプラットフォームを提供している。中国全土百万以上のマンションは、人々の信用力を追跡し評価する胡麻信用アルゴリズムで、敷金を置き換えた前払い金ゼロの仕組みを実現した。

将来のテナントと土地所有者は、お互いに多額の仲介手数料を払うことがなく、これによりアパート入居者は3ヶ月分の家賃を事前払う経済的負担から解放される。ビッグデータを使用して、このサービスは人々がレンタル詐欺を回避し、レート上昇を知らせるのにも役立つ。同時に、土地所有者は、フィンテック(金融技術)の抱擁と、それがはっきりしていないテナント間の信頼性問題に取り組む能力によって保護されている。

近年では、中国は刻々と変化する経済社会条件の中でより手頃な価格の都市住宅を提供するために賃貸市場の発展を注目してきた。フィンテックを採用し、そのようなイニシアチブを発足させることは、これを発展の一歩とし、2020年までに全国的な社会信用システムを確立するという中国の目標に一歩近づけるものである。