2017/11/11

アトレ全館で訪日中国人向け決済 「Alipay」「WeChat Pay」を導入

アトレは、2017年11月21日(火)以降、訪日中国人向け決済サービス「Alipay(アリペイ)」「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」を順次アトレ全館に導入いたします。

当社では2014年10月より、訪日外国人旅行客のサービス向上を目指し、インバウンド需要の高いショップにて免税対応を開始し、快適にお買い物を楽しんでいただける環境整備に取り組んでいます。

この度、今後増え続けると想定されている訪日中国人のお客様サービス向上のため、新たな決済手段として、2017年11月21日(火)に「Alipay」「WeChat Pay」をアトレ上野・アトレ秋葉原店にて導入、2018年6月までを目途に順次アトレ全館に導入いたします。

【Alipay概要】
「Alipay」は、2004年にアリババグループによって設立された世界最大規模の決済プラットフォームです。EC事業者向けのオンライン決済・リアル店舗向けの対面決済を始め、スマートフォンをベースとした各種生活サービス、資産運用の商品も展開しています。中国国内の実名認証ユーザー数は5.2億人を超え、中国のモバイル決済市場でもっとも大きなマーケットシェアを持っています。

【WeChat Pay概要】
「WeChat Pay」は、テンセントグループが運営する中国最大のSNSサービス「WeChat(ウィーチャット)」で提供される中国人向けモバイル決済サービスです。中国国内では100万以上の加盟店をはじめ、海外でも利用されています。テンセントグループのモバイル決済サービスは、本人認証済ユーザー数が6億を超え、中国のモバイル決済市場でシェアを伸ばしてきております。

情報源:アトレPR