2017/11/26

インドスマホ市場、小米が大躍進

インド紙「ビジネススタンダード」の22日付報道によると、中国企業・小米は、インドで3ヶ所目となるスマートフォン工場を設立するとともに、現地企業と協力してウッタル・プラデーシュ州ノイダに初のバッテリー工場を設立することを決定したという。

同じくインド紙「エコノミックタイムズ」が紹介した最新のデータによると、小米の今年第3四半期(7~9月)のインドにおける携帯電話出荷量は920万台に上り、前年同期比290%増加した。市場シェアは24%に達し、サムスンと並びインド携帯市場のトップブランドになった。報道によれば、インドのスマートフォン出荷量上位5メーカーのうち、中国メーカーは4つで、小米はサムスンと並んで1位、3位から5位は聯想(レノボ。モトローラブランドを含む)、vivo、OPPOだった。

小米のスマートフォン「紅米Note4」は、四半期出荷量が400万台に上り、前期に続いて首位に立った。「紅米4」、「紅米4A」の2機種も同期のインドスマホ販売量のトップ5に入った。小米は2014年にインド市場に進出し、16年の売上高は10億ドル(約1112億円)だった。

インド市場に進出した当初は数人の社員しかいなかったのが、今では工場を設立し、数千人の現地従業員を抱えるようになり、この間に要した時間はわずか3年ほどだった。小米国際部のマヌ副社長(小米インド法人取締役社長)はインドでの成功の原因を分析して、「まずコストパフォーマンスが高いこと、次に機能が現地化していること、さらに『小米ファン』との結びつきが強いこと」を挙げる。

ニューデリーの「小米ファン」グプタさんは、「小米製品はコストパフォーマンスがとても高い。同じような性能の他社製品は小米より価格がだいぶ高い。小米のアフターサービスにもより注目している。これは非常にすばらしい点で、修理の費用は安いしスピードも速い。他社ブランドは1回修理に出すと新しいのを買うのと変わらないくらい費用がかかる」と話す。ハリヤーナー州グルグラムの携帯電話販売店の中をのぞくと、小米製品を見ている人、買う人が多かった。

インドの携帯電話登録ユーザーは9億人を超えるが、スマホの普及率は20%に満たず、インド消費者のスマホニーズは極めて高い。インドは中国、米国に次ぐ世界3位のスマホ市場であり、成長の潜在力は巨大だ。そこで小米はインド市場での配置を絶えず強化し、今後2年間にインドで直営店「小米之家」を100店開設する計画だ。

情報源:人民網