2018/01/18

ロシアは「中国QR決済」を大歓迎

「QRコードをスキャンする」という中国人が慣れ親しんでいる決済方式は現在、ロシアでより多くの都市とサービスシステムに急速に導入されている。

新年になって発表された銀聯国際の情報によると、2018年ロシアワールドカップが行われる前に、地元のATMとPOS端末の銀聯カード対応のカバー率は90%まで上昇する見込みだ。モスクワ、サンクトペテルブルグ、カリーニングラード、ボルゴグラードなどの試合が行われる都市で、銀聯カードがほぼ対応可能となる。また、ロシア航空やシベリア航空などの航空会社も銀聯カード対応のサービスを提供できる。

それとほぼ同時に、ロシア国内での売り上げが3位と4位の大手チェーンスーパーも、中国の春節(旧正月、今年は2月16日)前後にAlipay決済をスタートさせると表明した。それ以前に、モスクワ市のバス、地下鉄、有料シェア自転車などの都市交通システムは相次いでアリペイを導入し、QRコードをスキャンしチケットを購入できるようになった。

ロシアの銀行システムが銀聯やAlipayとの協力に合意し、数多くの店がアリペイを導入した原因は中国の大規模な観光客団体とその高い消費力にある。ロシアの観光協会がこのほど発表したデータによると、2017年、90万人以上の「ノービザ」中国観光団体がロシアを訪れ、前年比18%増となっている。

銀聯カードを利用するロシア人も増えている。地元の銀行10行以上で銀聯カードが合計130万枚近く発行されたという。2017年、ロシア国内で銀聯カード対応の店舗とATMの数量はいずれも倍以上の増加が実現された。「一帯一路」沿線国と地域の中、すでに50ヶ国で銀聯カードを使うことができるようになった。

そのほか、中国はモバイル決済分野でその素晴らしさを見せている。ここ数年、中国のモバイル決済企業がキャッシュレスサービスのグローバル化を進め、アリペイや微信(WeChat Pay)などの新型モバイル決済企業だけでなく、銀聯のような伝統的なクロスボーダー決済機関も「クラウド決済」というモバイル決済方式を打ち出した。中国のモバイル決済の急速な発展と広範囲の応用で、欧米国家は中国に大きく後れを取っている。

ロシアは「一帯一路」沿線の重要な国であり、「中国式決済」のロシアへの輸出は、中国にとって人民元の国際化の大きな一歩に繋がるだけでなく、技術、製品、サービス及びブランドの「海外進出」にも繋がり、現代化決済サービス基準の設置において自身の発言権を強めることができる。

クロスボーダー決済の迅速な発展に伴い、新たなクロスボーダー電子商取引のブームは急速に到来するに違いない。「中国式決済」の海外での展開に伴い、銀行の業態、信用制度の立て直し、貨幣の形態、決済の安全性、ECプラットフォームの構築やネット決済の管理において、新たな課題に直面するだろう。

情報源:人民日報