2018/02/24

中国、春節海外旅行カード利用報告

中国銀聯(UnionPay)が23日に発表した2018年春節(旧正月)海外旅行報告は、春節期間中の中国人の海外旅行の新たな動向や特徴に基づき、銀聯のオンライン消費データを分析している。銀聯の統計によると、今年の春節期間中、中国人観光客が訪問する世界の範囲が一層広くなった。

今年の春節期間中、中国人観光客に最も人気の海外旅行先トップ5は、香港地区、澳門(マカオ)地区、日本、シンガポール、タイだった。また、中国人観光客がよく行く旅行先のうち、増加幅が比較的大きかった5ヶ国は、フィリピン、スリランカ、ロシア、トルコ、オーストラリアだった。さらに、中国人観光客の出身都市によって海外旅行先の目的地に偏りがあることがわかった。

飲食に関して、日本を例にすると、中国人観光客の日本での飲食の消費規模の増加幅が大きくなっており、三線都市以下の増加幅が最も大きく、前年比93.48%増だった。その他、飲食分野における消費が占める割合が明らかに上昇した。広東省中山市の市民を例にすると、春節期間中、日本における各種消費のうち、飲食類の消費額の増加幅が最も大きく、42.5%増に達し、ショッピングや宿泊関連の消費の増加幅を大きく上回っている。

文化・娯楽の分野に関して、欧州を例にすると、今年の春節期間中における海外旅行中の消費のうち、文化・娯楽類の消費規模の増加幅が大きく、20%以上上昇しており、二、三線都市の増加が際立っていた。上海市民の欧州における文化・娯楽類の消費額は前年同期比37%増だった。

宿泊の分野を見ると、個人旅行で海外に出かける人が増加するにつれ、宿泊関連の消費が占める割合が年々上昇している。中国人観光客は海外旅行中、よりクオリティの高いホテルに宿泊するようになっている。今年の春節期間中、海外の高級ホテルの消費額や決済1回当たりの消費額の増加幅が最も大きかったのは三線都市以下の人々で、三線都市以下の人々が一層クオリティの高いホテルに好んで宿泊するようになっていることが分かる。

情報源:人民日報