2019/01/15

中国インターネット経済白書2.0

ボストンコンサルティンググループ(BCG)とアリリサーチ(Alibaba)とバイドゥ開発リサーチセンター(Baidu)は、最新レポート「中国インターネット経済白書2.0  - 中国のインターネットの新しい章:産業統合に向けての動き」を発表した。レポートはは恥絵mて中国と海外のフロントエンド(2C)消費者向けインターネットとバックエンド(2B)産業用インターネットの開発を分けて比較し、体系的に中国のインターネット企業の産業統合の動向とその背後にある深い理由から明らかにされ、中国のデジタル化プロセスの特徴を整理した。レポートは中国の特徴のデジタル進化を指摘し、フロントエンド消費者インターネットはバックエンド産業インターネットの発展を推進する。

フロントエンドの消費者サイドの中国のデジタル化は世界的にトップであり、消費者行動は高度にデジタル化されており、デジタル革新アプリケーションとビジネスモデルが出現している。バックエンドを振り返ってみると、産業用インターネットはまだ全体として発展段階にある。これに関連して、消費者インターネットのフロントエンドアプリケーションとビジネスモデルの革新がバリューチェーンに沿ってデジタル的に調整され、バックエンドの生産が促進されるだろう。同時に、フロントエンドに蓄積された大量の消費データとそれ自身が開発したデジタルツールの適用により、インターネット企業は伝統的な産業企業のエンパワーメントと産業インターネットの発展を促進することができる。

レポートの執筆者の一人、BCGのパートナーであるLi Shuは、次のように述べている。「中国のインターネット企業は、インターネットによる中国のインターネット開発の独自のデジタル発展で重要な役割を果たしてきた。例を挙げると、中国のインターネット大手が投資した上位100社の小売業者がすべての小売売上高を占めている。一方、米国の小売業界トップ100社のように、米国の小売業界では自社ブランドのEコマースをオフラインからオンラインで構築することに積極的だ。同時に、中国のインターネット企業もオフライン零細の小売店のデジタル化を積極的に推進しており、Alibabaだけが100万以上の既婚小売店をカバーしている。中国の零細小売店の総数の1/6。」

Alibaba Groupの副社長でAli Research Instituteの学部長Gao Hongbingは、次のように述べている。「フロントエンドの高度に発達した消費者インターネットは大量の消費データを蓄積し、バックエンドバリューチェーンに力を与え、バックエンド産業インターネットの発展を推進している。フロントエンドのコンシューマインターネットの蓄積は、バックエンド製品とデジタルプロダクションの典型的な事例を駆り立て、フロントエンドに蓄積されたオムニチャネル消費データを分析し、デジタルリサーチツールを使用することによって、パートナーのバックエンド製品設計アーキテクチャを再構築する。新製品をより正確に設計して販売し、市場投入までの時間を短縮する」

中国のインターネットと業界の融合の文脈では、プラットフォームモデルは中国のデジタル開発で特に人気がある。 Baiduの副社長兼編集長Zhao Chengは次のように述べている。「テクノロジーオープンプラットフォームを通じて中小企業を可能にし、中国の産業経済の重要なデジタル変革モードになる。Baiduは、音声認識などの豊かで先進的な人工知能アプリケーションテクノロジーに頼っている。言語理解、画像技術、ユーザーの肖像画など、150を超えるAIコア技術機能が80万人以上の開発者によって使用されており、1日の通話数が4,000億を超え、実体経済の効率的な革新が加速された。」

中国の産業用インターネットプラットフォームの協力では、ヨーロッパやアメリカと比較して技術ベースの有効化プラットフォームは不足していないが、中国は一般的にアプリケーション分野に重点を置いている。

中国のインターネットの後半の焦点は、産業用インターネットに移行する。中国のインターネットの後半を獲得する方法は? BCGは最近出現したインターネットの力を要約し、勝つための2つの方法を要約する。

  1. 業界を深め、産業用インターネットの統合を促進する。オンラインとオフラインの境界を打ち破り、産業機能に沿ってオンライン機能とオフライン生産性を統合する。
  2. 産業を可能にするプラットフォームを確立する:産業を可能にするプラットフォームを確立するために、インターネット企業のデジタル技術とリソースを使用する。

インターネット企業が、バックエンド業界やバリューチェーンの上流で、おなじみのフロントエンドの消費者側やアプリケーション側に焦点を当てると、垂直的に2B組織をどうやって変革するか、どうやって変革するかなど、新たな課題に直面する。業界のエコロジー、プラットフォーム運用の活用方法などを選択または破壊する。同時に、伝統的な産業へのインターネット企業の参入は、インターネットの新しい章を獲得するために、中国の伝統的な産業企業と多国籍企業も慰めの輪から脱却し、戦略から運用への破壊的な課題を克服する必要がある。

情報源:BCG中国

2019/01/12

日本人が中国でキャッシュレス生活を実体験

現金を持たないことは、今や多くの中国人にとっていたって日常的なことになっている。このほど、日本のテレビ朝日の記者が北京で現金を持たずにスマートフォンのみで過ごすことを体験し、その様子が日本で放送された。

北京駐在中の日本人記者の体験はシェア自転車から始まった。スマートフォンでQRコードをスキャンするだけで簡単に利用でき、払った料金はわずか1元(約16.1円)。前田記者はその安さに感嘆の声をあげていた。

続いてはレストラン。店内の客たちはメニューで注文するのではなく、スマホ画面をのぞき込んでいる。実はこの店には紙製のメニューはなく、客たちはスマホで料理を選んで決済する仕組みとなっている。客からの注文が完了すると、直ちにキッチンのスクリーンに表示される。頼んだ料理は、注文からわずか5分で出来上がった。

レストランの利用客は、「スマホによる注文は便利で簡単。並ぶ必要もないし、ただ席で待てばいいから」と話す。

また、レストランのオーナーさんは、「スマホの活用でコスト削減や経営効率が向上した上、営業中に現金を管理するリスクもなくなった」と語る。

さらに前田記者が驚かせたのは、客のリピート率の向上や食材の管理を迅速に把握できるように、この店では客の注文や来店履歴のデータをスマート管理している点だ。

食事を終えた前田記者は、取材先に向かうため、中国の配車アプリを開いた。事前に予約していなかったが、配車した車は数分ほどで到着した。目的地に到着後は、スマホで料金が自動決済された。

その後、前田記者は、多くの人々でにぎわう市場に到着。鮮魚店にも青果店にも、店頭では目立つ位置にすべてQRコードが張られており、携帯電話を使用したキャッシュレス決済が可能。ブースのオーナーも、スマホ1台があれば、キャッシュレス決済に関わるサービスを開設できるので、小さなブースであってもこの決済サービスを簡単に導入できる。

近年、中国は経済のスピーディな成長に伴い、モバイル決済サービスが中国各地の隅々にまで深く浸透している。モバイル決済の利便性は多くの外国人観光客からも絶賛されており、「中国人はすごい!中国で観光する場合、スマホ1台で全土を走破できる」というコメントが寄せられている。

情報源:人民網

2019/01/05

中国LuckinCoffee、1年間で2千店舗突破!

中国のインターネットコーヒーブランドの瑞幸咖啡(ラッキンコーヒー)が驚異的なペースで事業を拡張している。12月25日には、今年の目標の2,000店舗を前倒しで達成したことを明らかにした。瑞幸は福建省厦門(アモイ)市に本社があり、新小売コーヒーブランドとして今年1月にテスト営業を開始し、店舗はすべて直営店だ。

瑞幸はオンラインとオフラインが連動した新小売モデルを採用し、大々的な資金投入によって市場開拓を急速に進め、国内2位のコーヒーチェーンになった。ライバルは世界一のチェーンのスターバックスで、こちらは1999年に中国市場に進出し、20年ほどかかってようやく約3600店舗を開設した。

瑞幸は急速に拡張しているが、いつ黒字を達成できるのかが大きな疑問だ。瑞幸のBラウンドビジネス計画書によると、18年1〜9月の累計売上高は3億7500万元(1元は約16.0円)、純損失は8億5700万元、粗利益は4億3300万元の赤字で、粗利益率はマイナス115.5%になる。

瑞幸の関係責任者によると、通年の損失はこの数字よりもだいぶ大きくなるということだ。1年足らずで、瑞幸はユーザーが1200万人に達し、8500万杯以上のコーヒーを販売した。資金投入によって急速に市場を固めるのは既定の戦略で、損失も予想通りだという。また今後、さまざまな方法でユーザーを見据えて資金を投入していくと述べた。

情報源:北京晨報

2018/12/24

混戦状態の日本オンライン配車市場、DeNAは「0円タクシー」

日本を旅行すると、携帯電話でのタクシー手配などいくつかの点で、中国とは開きがあることに気がつく。日本人もわかっており、この開きを縮めようと急いでいる。

現在、日本のオンライン配車プラットフォームにはトヨタ自動車、ソニー、ソフトバンクがバックアップするものなどがある。日本は今、オンライン配車の戦国時代を迎えている。

この分野に最初に参入したトヨタ、NTTドコモなどが出資する日本交通傘下の「ジャパンタクシー」は、提携車両が日本のタクシー総台数の3分の1を占めている。このたびは韓国のネット大手カカオと配車ソフトウェアで提携し、双方のユーザーがプラットフォームを利用し合ってタクシーを呼べるようになった。

ソニーが今年の5月に大手タクシー会社5社と共同で新会社を設立した。5年以内に「ジャパンタクシー」のタクシーの登録数に匹敵することを目指している。

ソフトバンクが出資するウーバー日本法人は、名古屋に続いて大阪のタクシー会社と提携し、来年1月から大阪でオンライン配車サービスをスタートすることを明らかにした。今年9月、中国の滴滴出行もソフトバンクと提携して大阪で同様のサービスをスタートさせている。

最近、東京の街角で「0円タクシー」と書かれた人目を引くタクシー車両を見かけるようになった。日本のネット大手ディー・エヌ・エー(DeNA)が東京の都心でで傘下の配車アプリケーション「モブ」(MOV)を始動して打ち出した革新的な取り組みだ。現地では多くのメディアがこの注目の取り組みを報道した。

東京の都心の主なエリアでMOVを通じてタクシーを予約すれば、この「0円タクシー」を呼べる可能性がある。車両は東京の都心を走り、乗客から料金は受け取らず、運営コストはすべて協賛企業との契約料、およびMOVの広告収入でまかなわれる。

協賛企業はMOVで手配できるタクシーの車体や車内に商品やサービスの広告を表示することができる。一番最初に協賛企業になったのはインスタントラーメンを製造する食品大手で、車体の前後のドアと上方の社名表示灯にブランドロゴや代表的商品のイラストなどが描かれ、車内にも広告要素があふれる。今後は車内でサンプルを提供して、協賛企業の商品をさらにアピールする計画だ。手配出来る車両は一日あたり50台まで。取り組み自体は今年12月31日午後10時で終了する。

この無料ビジネスモデルはDeNAの「プロジェクトモブ」計画の一部で、東京進出にあたっての話題作りだ。これまでタクシーを利用する習慣のなかったユーザーを呼び込び、これを足がかりに東京という大きな市場に根を下ろすことを目指すという。

DeNAがタクシー事業を手がけるのはこれが初めてではない。今年4月には神奈川県で配車サービスの実証実験を行い、当時の契約車両は5500台しかなかったが、素晴らしい出来栄えで、新鮮な乗車体験によりDeNAタクシーに乗った人はタクシー利用回数が他社の乗客の5〜6倍に達した。このような立派な業績に、さらに広告収入で運賃をまかなうという柔軟な料金制度の強い誘致力が加わって、DeNAは来年春にも大阪や京都を代表とする関西市場に打って出ることを検討している。

DeNAは、「続いてより多くの新しい乗車体験を打ち出してお客様を惹きつける。計画では予約管理ソフトと連動し、さまざまな予約のお客様に向けて車を手配する。たとえば外食産業と連携した、宴会参加者のための配車サービスなどが考えられる」としている。

日本ではタクシーの相乗り、自家用車がプラットフォームと提携して客を乗せる行為などは法律で規制されている。DeNAの現在の弱みは契約車両に限界があることで、同計画がプラットフォームの人工知能(AI)の優位性に基づいて混戦状態のオンライン配車市場で抜きんでることができるかどうか、しばらく様子を見る必要がある。

情報源:経済参考報

2018/11/29

中国人海外旅行の3大キーワード

中国人観光客は今なお世界で最も消費能力の高い層で、その観光ニーズには高度化の新たなトレンドも現れている。携程旅遊網とマスターカード社はこのほど北京で共同発表した「2018年中国越境観光消費報告」の中で、このような最新の結論を明らかにした。

2017年、中国国民の越境旅行者数はのべ1億3千万人を突破し、観光消費は1152億9千万ドル(1ドルは約113.8円)に達し、世界一の越境観光客供給国の地位を保った。越境旅行は今や中国都市部の家庭と若者の幸福度をはかる指標の一つだ。予測では、今年の中国の越境旅行者数はさらにのべ1千万人以上増加する見込みという。

中国人観光客はのべ旅行者数だけでなく、消費能力でも世界一の座を維持した。マスターカードのデータによると、中国の越境旅行者の一人あたり消費金額は世界一で、他の国・地域を大幅に上回り、英国や米国といった海外旅行の頻度が高い国も上回る。

携程の団体ツアーや自由旅行の予約データ、マスターカードの消費データを踏まえて、同報告は中国人観光客の消費から3つのキーワードをまとめた。「新世代」、「女性」、「二三線(都市)」で、今の中国人観光客の消費の新たな傾向を示す言葉でもある。

一つ目のキーワードは「新世代」だ。90後(1990年代生まれ)、00後(2000年代生まれ)が今では越境旅行の「新戦力」となっている。越境旅行者といえば以前は80後(1980年代生まれ)が中心層だったが、今この層は越境旅行者に占める割合が年々低下している。これに代わって登場したのが90後と00後で、猛烈な伸びをみせている。携程の越境観光レジャー商品に関するデータによると、18年1〜9月には、90後と00後が利用者の32%を占め、80後を上回った。90後と00後は経済的に自立するようになり、自由な消費観をもつことから、旅行に資金をつぎ込むことを他の世代よりもいとわない。データによれば、90後の1回の旅行での一人あたり平均支出は5689元(1元は約16.4円)ですでに80後を抜き、00後はさらに多く6千元に迫るという。

2つ目のキーワードは「女性」だ。携帯の旅行データからわかるのは、自由旅行に占める女性の割合が年々上昇して、18年は58%になり、男性を16ポイント上回ったことだ。女性は旅行商品の平均予約金額が男性より14%高く6254元に達する。消費の差は同僚や友人との越境旅行の状況の中に最もよく現れており、「女子旅」は「男子旅」より平均支出が1千元ほど多い。

3つ目のキーワードは「二三線(都市)」で、同報告によれば、北京、上海、広州、深センの一線都市は引き続き越境旅行者の供給源の中心だが、直航便の就航する路線が多数開通し、査証(ビザ)政策がより開放的になるのにともない、二線都市の越境旅行者数が急速に増加し、貴陽、常州、南昌、昆明、太原などから携程の越境旅行ツアーに参加する人の年間増加率はいずれも250%を超えるという。中でも貴陽は増加率389%で、ダークホース都市の中で1位だったという。

中国経済が持続的に成長するのを背景に、消費の高度化がトレンドとして現れており、これは観光産業においてとりわけ目を引く。マスターカードのまとめたデータでは、高級志向の観光客は越境旅行者全体の約20%を占め、越境消費への寄与度は80%を超え、一人あたり平均消費額は中国人越境旅行者全体の平均を4倍以上も上回る。携程が発表した第3四半期のデータも、携程には今年取引をした中国のユーザがー1億3千万人おり、携程プラットフォームにおける年間平均消費額は5千元を超えたことを明らかにした。今年の越境旅行者の観光商品への平均支出は5800元に達した。

観光消費の増加は中国人観光客がより多様な楽しみ方や体験に支出するようになったことが原因だ。携程のデータでは、今年の海外レジャー商品の予約者数は前年同期比110%増加し、レジャー予約の一人あたり平均金額は同24%増加した。これには特色ある観光地のチケット購入、各種公演鑑賞の予約、気球アトラクション、海上一日ツアーへの参加などが含まれる。越境旅行の目的地が違えば、観光消費体験も違ったものになる。欧州のぜいたく品の店で買い物をする、オーストラリアと日本でサプリメントや美容製品を買い求める、タイでグルメを満喫する、アラブ所長国連邦(UAE)でジュエリーを購入するなど、さまざまな消費体験がある。

携程のデータに基づくと、越境旅行者の約60%が団体ツアーを選択するが、2人から出発可能なプライベート越境旅行、見知らぬ人とツアーを組む「プライベートツアー」などプライベート型商品の予約者が同177%増と爆発的に増加し、団体ツアーのうち約10%を占めるようになった。また越境旅行の自由旅行商品に申し込む人が約40%に迫り、「現地の人に連れて行ってもらって楽しむ」のが新たなトレンドになった。16〜18年に携程で現地の観光ガイドを予約した観光客の年間増加率は67%に達した。現在、世界約90ヶ国・地域の観光ガイド9千人あまりが、携程プラットフォームで観光客からの予約を受け付けている。

中国人観光客の消費高度化は海外の目的地がますます多様になったことにも現れている。マスターカードの消費データによると、米国、オーストラリア、カナダ、日本といった以前からの越境消費大国の順位は基本的に変動がなく、高度成長の勢いを保った。のべ旅行者数をみると、タイ、日本、ベトナム、シンガポールが高止まりし、タイを訪れた観光客は今年のべ1千万人を突破する可能性がある。一方、中国人観光客はますます遠くへ出かけるようにもなった。海外消費者数の増加率上位20ヶ国番付をみると、新たに番付入りした国はトルコ、ギリシャ、メキシコ、ポルトガル、スイス、ロシアなど9つあった。

情報源:国際商報、Ctrip、マスタカード

2018/10/18

Fintech、中国の銀行の成長促進剤となる?

中国の金融当局の厳しい規制が第三方決済事業者の拡大を制限し、銀行全体の収益性が高まっているため、中国の銀行の業績は最近改善している。中国の銀行の半期財務諸表によると、2018年上半期の商業銀行の純利益は1.03兆元で、前年比で6%増加した。

銀行の利益向上はリテールバンキングの成長とコストコントロールという2つの分野から生じたものだ。中国リテールバンキングのリーダーである招商銀行は、上半期の純利益の57%はリテールバンキングからのものであった。また、平安銀行は2018年の開始以来総収益の51%を占めるリテールバンキングの成長に焦点を当てている。テクノロジーに重点を置いた分野では、銀行はより多くの投資を行い、より高度な銀行商品に対する顧客の要求からの圧力によるものだ。 Ant FinancialやExperianなどの外部技術提供者と協力し始める銀行が増えたため、バンキングサービスも改善された。

テクノロジーへの投資は銀行のデジタル構造に変化をもたらした。例えば、銀行はビッグデータと機械学習でリソースを活用している。顧客の干渉をほとんど受けずに、バックオフィスで顧客分析、リスク管理、および取引プロセスを自動的に管理する。より正確な分析により、銀行は銀行商品の販売を改善し、人件費を削減し、ウェルスマネジメントやインターネットローンなどのより多くのビジネス分野で新たな機会を得た。

モバイルアプリの開発により、銀行は支店での待ち時間を短縮した。顧客は今日中国でのサービスに満足している。また、銀行アプリケーション向けに設計された新機能は、より多くの顧客を獲得するのに役立つ。銀行はまた、大手オンラインプラットフォームと協力して顧客基盤を拡大する。一部の大手銀行はまた、他の銀行にサービスを提供している。たとえば、平安銀行は小規模な銀行向けのデジタル変換ソリューションを提供するクラウドサービスプラットフォームを開発した。

こうした変化は、中国の銀行にとって積極的な動きだ。しかし、これは単なるスタートにすぎない。銀行業務をさらに改善できる分野がある。例えば、消費者金融サービスは依然として中国の少人数のグループに限られている。オンライン借入市場における不正行為のリスクが高いため、中国の銀行は、より広い範囲の消費者に貸出業務を開放することができない。ほとんどの銀行は、クレジットカードの顧客または特定の種類の高所得者からの申請のみを受け入れる。それは完全なクレジットスコアリングシステムとして機能しない結果として解釈できる。ビッグデータや機械学習などの技術が採用されているが、結果は満足のいくものではない。

中国の銀行は、新しい技術の採用に対して積極的ではなく、常にフォロワーポジションにいる。市場で入手可能な新技術と従来のシステムを組み合わせる必要がある。それは簡単な作業ではないが、やらざるを得ない他の銀行がこの分野に投資し続け、市場でより多くの価値を創出すると、成長しない銀行は厳しい競争に直面するだろう。


情報源:Kapron

2018/10/06

Alipay、取引詐欺を防ぐためにセキュリティを強化

2時間と24時間決済遅れ機能
先月北京で開催されたインターネットセキュリティサミットで、Ant Financialは、デジタル決済プラットフォームであるAlipayのセキュリティ管理の正式なアップグレードを発表した。「遅延支払い」(Delayed Payment:DP)と呼ばれる機能により、より安全な決済プロセスが実現する。

そのリスク管理システムを活用して、Alipayはトランザクションが疑わしいと思われるときにユーザーを思い出させることができる。ユーザーがDP機能を選択した場合、トランザクションは解放されるまで凍結されている最長24時間までに遅らせることができる。この時間中、潜在的に警察のサポートを求め、送金先口座が詐欺であると特定された場合、その送金は送付者の口座に返される。

DP機能は、近年ますます活発な詐欺を防ぐために設計された。取引が通常数秒で完了するため、取引がシステムに提出された後、被害者と警察がお金を追跡することはしばしば困難である。リアルタイムに対面決済は顧客体験を改善しましたが、リスクは増加した。 DP機能は、送信者が間違いを犯したことを認識するのに多くの時間を与える。取引を凍結することで、被害者がお金を戻すことがはるかに簡単になる。 Alipayには、2時間または24時間のDP機能の2つの遅延選択肢がある。

Alipayはまた、アルファリスクと呼ばれるリスク管理システムを改善した。不審な受信者のアカウントを特定するのに役立つ。受信者の取引履歴が不審な場合、アルファリスクは送信者に取引をキャンセルするかDP機能を使用するよう自動的に通知する。アルファリスクのお陰で、Alipayの資金損失率は業界平均よりずっと低い。

DP機能の実験期間中、多くの顧客が損失を詐欺に限定するのに役立っている。中国の済南市の趙さんは、彼女のゲームアカウントにいくつか問題があった。彼女は問題を解決するためにオンラインサービスプロバイダに連絡した。しかし、Alipayを通じて資金を移転した後、彼女は彼女が騙されていたことを気づいたとき、プロバイダーに阻まれた。幸いにも、彼女はDP機能を使用し、すぐに警察に報告した同時に、取引はその過程で凍結された。数日後、Alipayは警察から通知を受けた。振込先は詐欺師として識別されたため、Alipayは趙さんの口座に資金を戻した。

DP機能は、リアルタイム決済から一歩後退する可能性があるが、より安全な決済環境に一歩近づくことにより、特定の状況でうまく機能する。しかし、決済不正と戦うことは絶え間ない戦いだ。ユーザーは、サービスプロバイダーに完全に頼ることはできない。また、自己意識を高め、お金を扱う際に目を剥がさないようにすることは、顧客の責任である。

情報源:Kapron