2018/08/16

Apple PayはますますiPhoneの中心に

デジタルウォレットへの夢がある。アメリカでは、Google、Samsung、PayPal、Venmo、Square、Stripe、Appleが5年以上にわたって、デジタルウォレットのテーマを進化させ、世界中のスマートフォンユーザーの20%弱が電話を実際にウォレットとして使用していると考えている。中国で既に証明されていたが、最終的にはその数は80%を超えると考えられる。

Appleは、モバイルとデスクトップの両方のオペレーティングシステムに決済を統合し、そのブランドを使用して小売業者や銀行をサポートし、取引が安全でプライベートであることをユーザーに安心感を与えることができるという点で、iPhoneをプレミアムデジタルウォレットにブランド化する利点がいくつかある。これとは別に、アップルペイは、モバイル、デスクトップ、インアプリ、ピアツーピア、およびPOSの5つの決済の柱を備えた強力なデジタルウォレットである。

アップルペイは、まだアップルサービス全体のビジネスを動かすには小さすぎる(サービス収入のわずか1%、40%増)。今日、アップルは、iPhoneとカメラのフィルター(肖像画、スタジオ、ステージ)を中心にiPhoneを販売している。特に、「Shot on iPhone」キャンペーンがありる。将来的には、デジタルウォレットは市場性のあるiPhoneの機能と期待している。アップルペイの採用が増えており、昨年はiPhoneユーザーの31%がApple Payを使用していたと考えられる(前年25%)。
  • 6月18日に10億件以上の累積取引があり、取引件数は3倍に増えた。
  • アップルペイは4,900行以上の銀行パートナーを抱えている。
  • アップルペイは現在、2億5200万人以上のユーザーを抱えており、これはアクティブなiPhoneベースの31%に相当する。
  • アップルペイの採用は、米国に比べ海外向けに指数的に加速し続けている。ユーザーの85%が海外で、米国は15%である。
  • Appleは合計取引数は「10億件を超える」。新しい市場への継続的な拡大と銀行との新たな提携により、今後12ヶ月間でトランザクションの成長率は200%になると予想している。

昨年、アップルペイの提供可能な市場には9カ国が追加され、約4億人が手に入る可能性があり、現在は27億ドルに達している。新しい国が加わったことで、インターナショナルはApple Payの成長キーとなっている。現在、Apple Payが受け入れられている国は24カ国あり、今年後半にはドイツを加えて25くらいになる。現在、アップルペイのユーザー数は約2億3,300万人(海外は2.15億、米国は0.38億)と推定されている。

情報源:Apple、aymentNews