2020/02/10

ミャンマーのデジタルシフトとフィンテック

ミャンマーは正しい方向に進んでいるようだ。全体として、ミャンマーの労働力の65%が農業で働いており、これも国内のGDPの60%を占めているため、Tun Yat、Green Way、Golden Paddy、Htwat Toeなどの地元の農業ニーズに対応するアプリが技術を応用している。これらのスタートアップは、地元の農家が車や機器を借りたり、地元の農学者とつながり、農業の問題を​​解決したり、天気予報や毎日の商品価格などの重要な情報を提供したりする。

デジタル金融サービスも人気がある。国内最大の金融サービスネットワークを運営するウェーブマネー(Wave Money)は、2018年に13億米ドル以上の送金を行い、ミャンマーのGDP全体の約2%に相当する。銀行もこの行動に乗り出し、ミャンマー最大の銀行であるKBZが独自のデジタルサービスを開始した。

Mother Financeなどの小規模な新興企業も融資プロセスをデジタル化し、人々がより簡単でアクセスしやすい方法で合理的な条件で融資にアクセスできるようにしている。これらの2つの産業以外に、教育、雇用創出、エンターテイメントおよびメディアスタートアップも増加している。

ミャンマー国内で出現しているユニークなニッチ市場の1つは、主にFacebookでのEC機能に対応している。 多くの小規模な独立系ECストアがソーシャルメディアで商品を宣伝している。そうすることで、これらの電子小売業者に応えるために作成された新しいカテゴリが見られる。都市部での配送や代引きをサポートできるかどうかがポイントである。決済代行のニーズが年々高まっている。

これらのデジタル製品はローカルでスプラッシュを生み出しているが、国内のスタートアップが国内の他の地域に到達するだけでなく、地域のチェンジメーカーになるためにスケーリングできるなら、より大きなアリーナが待っている。

現在、ミャンマーは他の地域より5〜7年遅れているかもしれないが、追いつくのに5〜7年はかからないと有識者は分析する。ミャンマーのテクノロジーシーンに参入する地域およびグローバルプレイヤーにとって、デジタルリテラシーのギャップに留意することが重要だ。

人気のある乗用車アプリGrabは、2017年にミャンマーでサービスを開始した。そして、このフロンティア市場でUberとともに非常に短時間で運営された。Uberは数ヶ月前にミャンマーに進出していたが、2018年に東南アジアの資産をGrabに売却した。Grabは現在、ミャンマー国内で唯一の主要な国際的な乗車会社となった。ミャンマーの最近のデジタル時代へのシフトを考慮に入れて、完全にローカルエンティティとして機能し、その機能と利点をハイパーローカライズする努力も行っている。

ミャンマーの特定の市場ニーズに応えるために、グラブは、他の市場で採用しているオンラインアプリケーションの代わりに、運転手向けに直接登録とトレーニングを提供している。また決済インフラが整っていないため、何千ものドライバーパートナーがCB bBankで最初の銀行口座にサインアップするのを支援した。簡単に収益を引き出すことができる。

ミャンマーの新しい政府規制により、企業の運営が容易になったが、Fintechのような厳しく規制された業界への参入を検討している新興企業にとっては、依然として障壁が高い。 省庁と民間部門との間にはまだ若干の断絶がある。ライセンスを必要とするものには多くの忍耐が必要。 政府の規制と政策の変更は、技術にやさしいエコシステムの形成に関しては当然のことであり、今後、変革を推進する力と絶えず対話する必要がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿