2020/04/28

ポストコロナ、中国人の消費意識はどう変わった?

春も終わりに近づいてきた4月、新型コロナウイルスの対策が引き続き行われている。今回の感染症を経験して、第一線を守っている人々も、家にこもっている人々も、暮らしの中の本質的ニーズを改めて見つめるようになり、消費に対する態度や消費行動にも静かに変化している。

4月21日、ユニクロと第一財経、復旦大学管理学院政策決定・行動科学研究センターは共同で「2020年健康な生活力報告」を発表した。全国から5983件の有効サンプルを集め、感染症の前と後で人々の消費への態度や消費行動などでどこが変わったかを詳しく掘り下げたものだ。同報告によれば、消費者は現在、心身を自分でコントロールする感じ、帰属感、確かな感じ、何かを所有している感じがほしいと強く願い、生きていることの意味をより大切にするようになり、消費に際しては安心感、健康的、高品質、持続可能性のある商品、安心感、健康的、高品質、持続可能性のあるサービスを受けられる商品を選ぶ傾向があるという。

いつでもどこでも体を動かしたい

同報告によると、一線都市と新一線都市の労働者で長時間勤務を余儀なくされている人が70%以上に上り、たとえば事務職や行政管理担当者などは、「スキマを見つけて体を鍛えたい」という欲求が強い。このうち一線都市または新一線都市の35-45歳の女性の75%は、「いつでもどこでも体を動かせる快適な衣類をより多く購入する」と答えた。長時間勤務の人の間では、「リズムの速い仕事のプレッシャーとのバランスを取り、病気ではないが不調な状態を改善したい」というニーズがとりわけ高かった。

強い帰属感 人とのふれあい

同報告によると、三線・四線都市の18-29歳の男性の81%が、「感染症が終息したら家族や友人とオフラインでしばしば集まりたい」と答え、「実店舗で製品の細かい説明や質の高いサービスを受けたい」と思う気持ちが強かった。

また一線都市と新一線都市の19-29歳の人の60%が、教育市場、コンサルティングなどの仕事に従事しており、「感染症終息後は、芸術、ファッション、文化に関わる社会活動により多く参加する計画」であるほか、「ほかの人がすすめる製品を買いたい」と強い意欲を示した。短期的な満足感から細かな品質の追求へ

同報告によると、一線都市と新一線都市の独身女性の回答者は、「感染症の前より自分の健康に気をつけるようになった、優れた品質のケア用品を消費することで安心感と安全感を得たい」と答えた。データをみると、一線都市と新一線都市の18-29歳の女性はケア用品をよく購入することがわかる。

三線以下の都市の19-29歳の80%以上が、「社会活動により注目し、健康で快適で活力あふれるライフスタイルを追求したい」と答えた。商品ニーズをみると、若い人はより品質にこだわり、長期的な健康と快適さを重視する傾向があることがわかる。

持続可能な暮らしを追求

同報告によると、北京、上海、広州、深センの一線都市の19-24歳の女性の60.3%と、三線以下の都市の19-29歳の男性の61.1%が、「感染症終息後は美しいものを追求するのにより多くの時間とお金を使いたい」と答え、例としてグルメ、美しい風景、衣類、芸術などを挙げた。一線都市で大きなプレッシャーを抱える19-29歳の男性の72%以上が、「ファッションナブルでオリジナリティのある衣類」を購入したいと答えた。一線都市と三線以下の都市の男性は、「芸術や文化的クリエイションをよりどころにして、未来への楽観的な見方や自信を再構築していきたい」と答えた。

また新一線都市の19-24歳の女性の60%が、「持続可能なソリューションを真剣に追い求め、社会的責任を果たし、社会問題に注目するブランドがより好きだ」と答えた。感染症の影響で、新一線都市の若い女性は、「現地化ブランド、文化的に近い地域・国のブランドをより好むようになった」という。


出所:中新経緯

0 件のコメント:

コメントを投稿